電子署名サービス 無料

電子署名サービス(無料) / 電子契約

電子署名サービス

 

無料で使える電子署名サービスをまとめました。
制限付きで無料で使えるサービスも含めています。

 

ユーザ数は、1アカウントあたりで使えるユーザ数。最大ドキュメント数はアップロード可能な文書数です。(一部のサービスには、署名できる回数が制限されているものもあります)

 

サービス名 ユーザ数 最大ドキュメント数
みんなの電子署名 無制限 無制限
e-sign 1 無制限
GMOサイン 1 5
Zoho Sign 1 5/月
Hello Sign 1 3署名/月

 

無料の電子署名サービス:みんなの電子署名

みんなの電子署名は、基本無料で、アップロード数、署名ファイルも無制限。
作成ユーザ数無制限で、承認ワークフローの設定もできます。必要機能は一通り揃っていると考えて良いでしょう。

 

関連)みんなの電子署名の評判

 

1年以上ファイルの保管をする場合に料金がかかります。
署名は、ウェブ画面で都度メールを送って認証リンクをクリックすることで行います。

 

デメリットとしては、管理機能は簡易的なもので、大人数で使うのには向かない点。また、現時点でAPIが公開されていないため、社内システムとの連携は難しい点です。

 

しかし、中小企業やSOHO団体で使うなら、十分な機能を備えていると言っていいでしょう。

 

商業・法人登記のオンライン申請で、添付書類への電子署名として有効と認められています。(有料サービスばかりのなか、無料サービスの「みんなの電子署名」が挙げられています。)
関連)法務省:商業・法人登記のオンライン申請について

 

無料の電子署名サービス:e-sign

電子契約大国・エストニアからやってきたサービス。e-signは完全無料。どこにもお金がかかりません。
サービスの利益は、e-signを組み込んだシステム開発などで賄っているのだそう。

 

メールアドレスとマイナンバーカードでの本人確認に対応。メールアドレスのみでも使えます。

 

アップロードできるファイルの上限は無制限ですが、「契約」という単位ごとにファイルは5件までという制限あり。

 

署名は、スマホの署名アプリ「xID」(=クロスIDと読む)で署名を行ないます。そのため、スマホ必須です。

 

ブロックチェーン技術を使ってログを保存していて、改ざんを確実に検知します。法人でも完全無料で使えます。

 

無料の電子署名サービス:HelloSign

無料・有料プランあり。無料プランでは、毎月3件までの署名依頼が可能です。

 

制限付きで無料で使えるが、署名依頼が月3件という条件は厳しすぎますね。あくまで、お試しのために用意された無料プランという感じ。

 

有料プランは、法人向けにも対応できそうな機能が豊富にあり、こちらが本命だと思います。大きな企業向け。

 

DropboxやGmail、Oracleとのソリューションあり。(別途有料)

 

無料の電子署名サービス:Zoho Sign

無料・有料プランあり。無料プランは1ユーザのみ、月に5ドキュメントまで無料。

 

有料プランで作成可能なドキュメント数が増えます。また、APIを使った開発で、社内システム等と連携が可能。

 

アメリカの電子署名法・ESIGNとelDASに準拠しています。もともと英語のサービスなので、日本で使うには少し苦労するかも?

 

Google DriveやOne Drive、Dropboxなどと連携が可能。REST API利用で社内システムやアプリとの連携をシステム開発できる。
有料プランは、1人あたり月額1,200円~2,400円。

無料の電子署名サービス:GMOサイン

無料・有料プランあり。無料プランは5文書まで無料で、実質機能をお試しするためのプラン。

 

有料化へ移行で、マイナンバー等の厳格な本人確認済みの署名が利用可能になります。契約印(メールアドレスで本人認証)と実印(メールアドレス+マイナンバーで認証)の使い分けが可能。

 

API連携で独自システムや、SaleceForce、kintoneなどのパッケージと連携が可能。

 

押印(ハンコ)をPDFに押せるワークフロー機能があり、紙の書類と同じ感覚で電子署名できます。電子帳簿保存法に対応。

 

小さく始めて、有料プランで大きく展開できるので、中~大企業向け。

 

有料プランは、ユーザ数無制限で月に9,680円。

 

電子署名サービス(無料) / 機能

電子署名サービス 機能>
無料の電子署名サービスは、ドキュメント数(ファイル数)に制限をかけているケースが多いです。

 

機能 みんなの電子署名 e-sign
ユーザ・グループ管理 無制限に可能 ×
マイナンバーでの本人確認 ×
ワークフロー
長期署名・タイムスタンプ
文書管理 △1年以上の保管有料 無制限
操作ログ ○ 管理画面で確認 ログをブロックチェーン上に記録

 

「みんなの電子署名」や「e-sign」にない機能は以下の通り。他社の有料プランじゃないと使えない機能と考えて良いでしょう。

 

  • 対象ファイルに印影(ハンコ)イメージを付加する機能
  • Salesforceやkintoneなどグループウェアとの連携

 

電子署名サービス(無料) / おすすめ

電子署名サービスのおすすめ

 

無料の電子署名サービスのおすすめは、小~中規模の企業や個人事業主が利用するなら、「みんなの電子署名」か「e-sign」です。

 

「みんなの電子署名」は、1アカウントでユーザを管理できるので、管理者+ユーザ(外部のユーザも含む)でドキュメント管理したい場合に向いています。指定したユーザの承認ワークフローの作成も可能で、承認者が順に署名していくような「社内回覧板」のようなことが可能。

 

みんなの電子署名の評判

 

「e-sign」は、マイナンバーを使った電子署名に対応していて、厳格な本人認証が必要な場合に向いています。こちらは、利用者それぞれがe-sginでアカウントを作る必要があります。

 

e-sign

 

他の電子署名サービスは、無料で使うことを前提にした場合、制限が強すぎて使えない印象。あくまで、お試しのための無料プランと考えたほうが良いでしょう。

page top